環進帳FAQ

Q1.「環進帳」の対応可能な会計ソフトは何でしょうか?

A1. 「環進帳」は、会計データを.CSVファイルに変換して読み込みしますので、.CSVファイルが出力できる会計ソフトであれば、ご利用いただけます。弊社の調べでは、ほぼすべての会計ソフトに対応できると認識しております。

 

Q2.どのような排出係数を使って、CO2を算出していますか?

A2. 電気は、環境省が公開している電気事業者別排出係数を、 電気以外のエネルギーは、算出省令第2条第3項、第4条第1項、別表第1及び別表第5に基づく係数を、 製品サービスに係る係数は、環境省の「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース(Ver.3.1)」に基づく係数(産業連関表による環境負荷データブック(3EID))を、使用しています。公開されている直近の係数を使用しています。排出係数の更新情報は、環進帳のウェブサイトでお知らせします。

 

Q3.他社の算出ツールとの違いは、何ですか?

A3. 他のツールでは、主に物量から算出しますが、環進帳では、物量と金額の両方からCO2排出量を算出することができます。

 

Q4.炭素生産性とは、何ですか?

A4. 炭素生産性は、以下の計算式で表されるものです。「環進帳」では、付加価値額の各数値を入力するだけで簡単に算出することができます。

炭素生産性= 付加価値額 ÷ エネルギー起源CO2排出量    ※ 付加価値額 = 営業利益 + 人件費 + 減価償却費

 

Q5.算出結果が想定と大きく違うのですが、どこを確認すればよいですか。

A5. 入力した数値の「桁数」と「単位」が正しいか、画面の表示に沿って確認してください。

 

Q6.会計データのCSVファイルがうまく読み込みできません、どこを確認すればよいですか。

A6. CSVデータを「メモ帳」等のテキストツールで開き、日付の形式がYYYYMMDDであること、金額に「,(カンマ)」が入っていないことを確認してください。

 

Q7.SBT認定取得に環進帳は使えますでしょうか。

A7. SBT認定取得のためには、スコープ1(燃料の使用分)とスコープ2(他社から供給される電気や熱の使用分)、スコープ3(サプライチェーン全体でのCO2排出)の算定が必要です。環進帳では、会計情報からサプライチェーンの上流部分のCO2排出の算定が可能ですので、下流部分の排出が少ない業態において、中小企業向けSBT認定取得に活用することができます。 SBTの概要については、環境省のSBTに関する資料(外部リンク)をご覧ください。

 

Q8.スコープ1、2、3のCO2算出に環進帳を使いたいですが可能でしょうか。

A8. スコープ1、2については会計情報もしくは数量データからCO2算定が可能です。スコープ3については、会計情報からサプライチェーンの上流部分のCO2排出の算定が可能となっています。 なお、CO2排出の算定の対象となる勘定科目等など、サプライチェーン排出量算定の考え方については、環境省のパンフレット(外部リンク)をご覧ください。

 

Q9.環進帳の使い方や環進帳を使った脱炭素計画について直接質問したいのですが。

A9. 環進帳有料版のライセンス申込みのユーザー様で、『利用マニュアル』及び『操作説明動画』を参照してもなお不明な点がある場合には、初回(約1時間)は無料で相談をお受けします(ウェブミーティング or 面談にて)。 2回目以降のご相談(スポット もしくは 継続的なご支援)は、有料にて承ります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

Q10.コピー機のカウンター料金を設定する場合、用紙を含んだCO2の算出結果になるのでしょうか。

A10. カウンター料金は、枚数当りの料金(コピー用紙とトナーを含む)を設定します。コピー用紙が含まれない契約の場合、カウンターによる支出の会計データはトナー・インクの勘定科目に、コピー用紙はコピー用紙の勘定科目に設定してください。

 

Q11.会計データ上、「海外出張旅費・航空機」と「海外出張旅費・その他」の2つの勘定科目に分けている場合、CSVデータのアップロード後、「海外出張旅費・航空機」と「海外出張旅費・その他」の集計データ、および自動で追加された「海外出張旅費」にデータが表示されます。算出は重複されていないでしょうか。

A11. 「海外出張旅費」には、「海外出張旅費・航空機」と「海外出張旅費・その他」を加算をした結果が表示されます。CO2排出量は、「海外出張旅費・航空機」と「海外出張旅費・その他」で算出しており、問題ありません。自動で追加された「海外出張旅費」は、アップロードの確認用として使用できます。